脱毛してみたい!…レーザー脱毛とは?

レーザー脱毛とは

脱毛で思いつく言葉を聞くと多くの方が(レーザー脱毛)と答えます。
今では多くの人が脱毛エステサロンを利用しているのですが、利用者の口コミや電車の中吊・テレビコマーシャル・雑誌など目につく場所だけでも色々な手段がありますので、宣伝効果もあってか一般的に知られるようになりました。
レーザー脱毛は医療機関やエステサロン、家庭用脱毛器でもよく行われている脱毛法方で、とてもベーシックなものなのです。
おすすめはこちら⇒ xn--nckg3oobb4468cu0hr7fvr8ajptli4a.jp
基本的なレーザー脱毛の流れは、脱毛予定部位にレーザーを照射すると、黒や茶色の濃い目の色に作用し、ダメージを受けた毛根が数日間のうちにポロポロと抜け落ちて来るようになります。
皆さんはご存知でしょうか?人の毛には毛周期と言うものがあり、それは個人個人で期間が異なるのです。
レーザー脱毛で一度照射した部位が完全に終了する訳ではなく、その個人差がある毛周期に合わせ数回処理を行う事で脱毛が完了するのです。
平均すると1ヶ月に1回は脱毛部位に照射しなければなりません。
しかしレーザー脱毛を行った後の肌は、毛抜きやカミソリなどで自己処理をした後とは違い、むだ毛が抜け落ちた後の毛穴も目立たなくなっていくので肌はスベスベになります。
レーザー脱毛のデメリットは、レーザーの照射範囲の狭さです。レーザーの照射範囲がわずか1cuほどなのです。ですから脱毛部位の範囲がそれほど広く無くても脱毛処理に費やす時間が長くなってしまいます。照射範囲は円のような形をしている為に、隅までレーザーが届かない場合もあります。
施術時間がかかってしまうので、なるべく早く綺麗に脱毛したい方には向いていないかもしれませんね。
しかしレーザー脱毛では濃い色に反応して照射する為、メラニン色素にも反応してレーザーを照射する事で、照射範囲にあるシミなどが薄くなる場合もあります。